誰かの言葉を借りて

 おおっ!?さすがの朝日新聞もついに中国を批判しだしたか。まあいかに中国様が大好きでも同じ位ノーベル賞みたいな権威も大好きだから、ノーベル平和賞受賞者が中国の「体制」の中で出国も出来ず死んだとなれば黙っている訳にはいくまい。

 中国の人権活動家、劉暁波氏が亡くなった。オラはノーベル平和賞もインチキくさくてほとんど興味はないが、受賞者が自由を奪われたまま死んだとなるとやはり「ひどいもんだな」程度の感想はある。

 しかし「劉氏死去、責任は中国」という見出しが朝日新聞のものだとは少し驚きだ。「人民」を轢き殺した人民解放軍の戦車にも気を遣っていたのに。

 と、思ったのもつかの間。あ~禁止されている(笑)やwwwwを使っちゃいそう。使ってるぞヲイ。

 記事の末尾は全部一緒でした。

 「ノルウェー・ノーベル委員会のライシュアイデシェン委員長は(中略)『中国政府は彼の早すぎる死に重い責任を負う』と強く非難した」

 「(同じくライシュアイデシェン委員長)『民主主義や人権を尊重する自由世界の旗手たちが、他者の権利のために立ち上がろうとする意欲が低かったことは、悲しく気がかりな事実だ』と厳しく指摘した」

 〇〇氏(よその国のエライ人)は強く非難した・・・。

 〇〇氏(よその国のエライ人)は厳しく指摘した・・・。

「ドイツのガブリエル外相は『もっと早く重いがんを発見できなかったのか。この問いについて、信頼できる透明な方法で調べる義務がある』と中国政府の対応を批判した」

 〇〇氏(よその国のエライ人)は対応を批判した・・・。

 すみません、朝日新聞社様はこの件についてどう考えていらっしゃるのかすこ~しでいいから教えていただけませんかね?

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-07-14 12:32 | Comments(0)  

<< 酒は大七 真実は何処に >>