日々勉強

 スピードラーニングとかいう英語教材は、英語の後に日本語訳が付いているものを「ただ聞き流すだけ」で英語が話せるようになると宣伝して売上を伸ばしているのだが、まあその真偽はともかく(利用者の間でも賛否両論あるようだし)、少なくとも「単語を覚える」程度の効果はありそうだ。

 しかしそれならわざわざ教材を買わなくても、アニマルプラネットの「生命の神秘」みたいなヤツとかナショジオの「アースライブ」などをずっと見てればいいんじゃないだろうか?

 字幕版でもいいし、字幕がなくてもデカいサメが画面に出て来て「ビッグシャーク!」ならバカでもわかるだろ。

 ただ、問題は「ジャイアントスクイッド」とか「スーパープレデター」とか「クロコダイルハンター」とか、どうも日常生活ではあまり役に立ちそうもない言葉ばかり身に付いてしまうことだな。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-07-10 10:17 | Comments(0)  

<< 選択肢 牛を守る者 >>