ごめんね田子重

 買い出し目的で訪れたのではなく、昼の仕事の途中で偶然田子重の前を通りかかった。

 なんだか高校生の時に母親に頼まれたお使いがたまたま好きな子の家の近くで、しかもちょうど(制服じゃない)(見慣れない)(普段着の)(いつもと違う)(もういいよ!)彼女が玄関から出て来るところに出くわした気分だ。

 今日はUHUにイベントが入っておらず、少しでいいから早く帰って疲れをとりたいのだがさすがにまだしばらくかかりそうだ。今のうちに夕飯を買っておこう。

 惣菜売り場にたくさんのお弁当が並んでいる。どれも安くて美味そうだが、全部朝8時とか10時の加工時間なのだ。おかしいな、いつもの「16時以降に作りました!」と得意げに書いてあるヤツがない。

 思い切って聞いてみた。「すみません、どうして今日は16時以降に作ったお弁当が無いんですか?」。

 「え!?そ、それは・・・あの・・・」どうした。沈着冷静な田子重の店員さんがうろたえている。あきらかに動揺してるぞ。もしや午後遅くにお弁当を作らなくなったのには何かヤバい組織からの圧力でもあったのだろうか。オラは触れてはいけない流通業界の闇に無邪気にもツッコみを入れてしまったのか?

 店員さんはゴクリと唾を飲み込んで(そんな気がした)答えた。

 「お客さま、まだ15時だからじゃないかと・・・」。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-06-29 16:09 | Comments(2)  

Commented by sei at 2017-07-03 08:49 x
読むたび吹き出し
疲れが吹き飛ぶ(笑)
ボス、お疲れさまです*
Commented by livehouse-uhu at 2017-07-03 10:34
seiさ〜ん、いつもありがとうございます!ヤツらと会えるのは秋ですね。でも年内二回決まってますから。それではまたゆっくりと!

<< 本質的体質 位置関係 >>