魂の棋譜Ⅲ

 先に自慢しておく。オラは全国7万人以上が参加するネット対戦将棋アプリで先手番でも後手番でも勝ち越している。え、全然すごくない!?何言ってんだ、オラみたいな文系の人間があんな数式パズルの世界で戦うのは大変なんだぞ~。

 それはさておき。

 順位戦C級2組一回戦、瀬川晶司五段は藤井聡太四段に敗れた。オラの予言は外れ、藤井四段は連勝を26に伸ばした。

 全国中学生選抜将棋大会で優勝しプロ棋士への登竜門奨励会に入るが、三段リーグ(プロ棋士は四段から)72勝72敗の五分の成績で年齢制限(26歳)を越え退会、その後サラリーマンになったけれど夢をあきらめきれず、異例のプロ編入試験を突破してプロ棋士になった瀬川五段は、プロ棋士になって以来一度も負けていない天才藤井四段の連勝を止められなかった。

 きっと「いろんな人のいろんな思いを背負って」戦ったんだと思う。

 心が震える、素晴らしい将棋でした。どちらが勝ってもおかしくない熱戦の棋譜をなぞって、少し泣いた。

 ありがとう、二人の棋士。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-06-16 19:36 | Comments(0)  

<< 遭遇 やり直し >>