雲が晴れるまで

 陸自の「ハヤブサ」(連絡偵察機LR2)が消息を絶っている。レーダーからも消えたらしい。昔と違って、通常の機体が友軍のレーダーから消えるということはかなりの確率で事故を意味する。

 北部方面隊所属のハヤブサは連絡や偵察が任務だが、災害時や緊急時には民間人の救助や輸送もする多目的機だ。今回は悪天候で北海道庁所属のヘリが飛べず、要請を受けて函館市の患者を空輸に向かう途中だったそうだ。

 ヘリが飛べない状況なら飛行機だって危ないに決まってる・・・。でも、そういう人達なんだ。いつも、どんな時も、自分のことより困っている他人を優先し、自らの命もかえりみず行動するヒーロー。

 ご家族の心配はいかばかりか。乗り組んでいた4人の自衛隊員さん、どうか無事でいてください。自衛隊に感謝し、誇りに思っている日本中の人の祈りがどうか届きますように。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-05-15 16:11 | Comments(0)  

<< ハヤブサは帰らず 本人すら忘れている深層心理の底Ⅳ >>