心根

 「空気を読む」というのは、当たり前に考えてやっちゃいけないことや誰かの迷惑にならないよう「ほんの少し」気を遣う行為の延長線上であって、決して難しい推測や、まして「コミュ力」なんていう訳のわからない能力は必要ないよね。

 口先だけの胡散臭い親父が、才能に溢れているけれど饒舌ではない若者に「もっとコミュ力を磨かないと」なんて説教していたら、それこそまさに「空気が読めていない」んだと思う。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-04-03 11:36 | Comments(0)  

<< 老いの兆候 違う世界 >>