小者が咆えるⅡ

 う~ん、困ったな。別にこれを書くのに躊躇など無いのだが誤解されるのはイヤだ。本当にそんな人は滅多にいないのよ。だけど0じゃない。その程度の数なら流せばいいじゃんね。忘れろ、オレ。でもなぁ・・・。

 自分のHPで「(有名人の)〇×の番組に出演して褒められた」と得意になって宣伝しているような人が偉そうに「(有名人の)誰々と知合いですなんて言うヤツはダセェ!」と講釈を垂れるのは何故だろう。

 これは本当にわからん。いや、オラは別に「誰それと一緒にやったことがあります!」というの、別に嫌いじゃないよ。それだって自分を知ってもらうためのひとつの武器だ。ただ、自分がそれをやりながら他の人には「人の名前を出してないで自分自身で勝負しろよ!?」とツッコめる神経がわからん。

 いずれにせよ、どんな世界でも亜流や二番煎じは厳しいと思う。自分が二番煎じだと気付いていないのも哀れだが。
[PR]

by livehouse-uhu | 2017-03-16 20:55 | Comments(0)  

<< えこひいき 私を野球に連れてってⅢ >>