今頃遠い海Ⅲ

 もうすぐ、あの日のあの時間がやってくる。

 祈っても誰も帰っては来ず、祈りは無意味だと打ちひしがれながら、それでも人は祈る。

 言いようのない恐怖、たまらない不安、溢れる悲しみ。空から、海から、陸から、命がけで他者を助けた自衛隊、海上保安庁、消防、警察。そしてトモダチ作戦で駆け付けた米軍。海岸に折れた松の木で書かれた「ARIGATOU」の文字。

 続く苦難の中で被災地に入り、くじけそうになる被災者の心を励ましてくださった天皇皇后両陛下。いったい何百何千の人が、いや、それをTVで見ていただけの被災地以外の人も含めて、何十万何百万の日本人がそのお姿に勇気づけられたことだろう。

 ただ手を合わせて。追悼と鎮魂を。心からの感謝を。終戦の日と同じように、この日に思想信条の流布や政治活動は似合わない。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-03-11 14:08 | Comments(0)  

<< 螺鈿 今頃遠い海Ⅱ >>