古本屋に行きたい

 アンソニー・ボーデイン氏に訊くまでもなく、世界で一番不思議な街、東京。その東京の中でも、オラは山の手とも下町とも呼ばれない私鉄沿線の小さな住宅街が好きだ。

 あ~、書いていて気が付いたが、オラが住んだり行ったりした日本中のいろんな街の中で「女性との思い出」が最も少ないのって東京だな。

 朝の駅前、商店街の小さな食堂、突然現れる階段、神社と猫。オラのような田舎者が何故こんなに懐かしいのかわからない風景。

 それが映画や小説のせいだとしたら少し悲しいな。

 

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-02-13 12:47 | Comments(0)  

<< まだあったのか 板橋区大山町のハンバーグ・ランチ >>