大橋巨泉さんという

 まぁ、日本人のダメなところや恥ずかしいところを1コマ漫画で表現したような方がいらっしゃる。この方、一時は国会議員にもなり、なんと「あの」民主党の中でさえ非常識な程の無知蒙昧ぶりを発揮して半年も経たずに辞めたりしていた。

 馬を見ずに競馬の予想をしたりデタラメな麻雀解説をして稼いでいたのだが、本業はタレントで「クイズダービー」という番組の司会もやっていた。若い人は知らないか。「スラムダンク」で陵南高校の魚住キャプテンが「はらたいらさんに3000点…」と言っていたアレです。

 その「クイズダービー」の大橋巨泉さんの発言で印象に残っているのがある。

 クイズの問題が松任谷由美の曲に関するもので、出題と回答が終わり次の問題に行く直前、彼はこう言った。「ユーミンというのは若い人にとても売れているらしいんですけれど、どこがいいんですかねぇ。僕にはみんな同じに聴こえるんですが。さ、次に行きましょう」

 いかがです?ね?いや、「ね?」じゃないか。好き嫌いや音楽の知識はともかく、ある種の人間には「松任谷由美」の曲が「全部」「同じに」「聴こえる」んです。どうやって意思疎通をしますか。こういう方と。意見をぶつけ合って討論が出来ます?とりあえず日本語で。

 何度も言うようにユーミンの評価はまったく別としてね。

 ちなみに「大数の法則」をもとにギャンブルの必敗法(?)について解説した大阪商大の谷岡一郎教授が自著「ツキの法則」の中で巨泉さんの競馬予想を取り上げており、まさにどんなことがあっても絶対に「勝てない賭け方」だと論理的に解説されている。なんだかもの悲しいな。

 ところでさ、「三択の女王」ってたんなる「まぐれの多い人」なんじゃね?
[PR]

by livehouse-uhu | 2010-04-30 14:46 | Comments(4)  

Commented by 理不尽道 at 2010-04-30 22:27 x
その、「3択の女王」は


電気グルーヴのオールナイトニッポンでは


「偽善者」

というレッテルを貼られました(笑)
Commented by シンヤ at 2010-05-01 10:53 x
 うわ、ひでぇ(笑)。

 あの番組は明らかにヤラセで、あの面白くない「はらさん」の正解率は絶対異常だったよね。篠沢教授だけが本気で恥かいてたのかも。

 あの手の偽善者なら「アグネス」の方が上だと思うが。
Commented by 上野 良樹 at 2017-11-29 22:42 x
はじめまして。
はらたいら氏は、「一般紙新聞・スポーツ紙新聞を14種類、週刊誌は『週刊朝日』から『アサヒ芸能』まで目を通し、さらに一般では入手不可能と言われている業界紙まで目を通していた」と、篠沢氏が語っていました(『産經新聞』2006年11月21日号「キョージュの上品な人生 1」)。

出題傾向を理解して、時事ネタを収集すれば予習になったのでしょう。篠沢氏は、そういう勉強はしたくなかったという事だと理解しています。
Commented by livehouse-uhu at 2017-11-30 13:53
上野良樹さま、コメントありがとうございます!

こういう何年か前に書いたもので我ながら嫌味で偉そうな文章にコメントをいただくと恥ずかしくて冷や汗が出ます(^_^;)。

そんなヤツを優しく諭していただいて感謝です。巨泉さんも篠沢教授もはらたいらさんも亡くなっちゃいましたねぇ。

<< コッ筋、テンクリート? てふてふ >>