りお伝説Ⅱ

 華奢、というよりほとんど可憐な花のように小さな女の子で、心打つ美しい日本語の歌を歌うピアノ弾き語りである。ここまでの情報で彼女に何らかの先入観を持ったらえらい目に合うであろう。

 店に入るとまず生ビールを・・・ありゃ、ここまで前回の「りお伝説」とまったく一緒だな。

 ストリートフェスティバルでショットガンブルースバンドを手伝って貰うためりおを呼んだ。店では備え付けの電子ピアノを弾くのだが、わざわざ東京から電池式の超小型グランドピアノ(?)を抱えて来て、アンプラグドステージでも歌おうとしたらしい。ところが係の人に「電池が入っている楽器はダメ!」と断られ、やさぐれて飲んで飲んで常盤公園で歌い、出番の10分前にようやくフラフラと帰って来た。

 UHUを満杯にしてショブルの演奏は無事終わり、いつものように調理場でさらに飲むりおに「鮎の干物が二枚あるから自分で焼くなら食わせてやる」と言うと喜んで焼き始めた。焼き上がって皿に二枚並べたところでドリンクや豚汁の注文が入り、オラはホールに出た。

 戻ったら。

 この小娘、鮎の干物を一枚半食ってたんだぜ!?一枚残せよ!いやもしも美味くて我慢出来なかったんなら一枚半じゃなくて二枚食わんかい!!しかもその半分は縦(骨の走っている方向)じゃなくて横に半分、尻尾側だけを食ってた!!!

 後でその残骸を見たみんなが言った。「頭の方上半分の魚の開きってマンボウみたいですね」。

 次回「かくれみののきせつ~冬」は新年1月6日(金)です。おつまみはアジの開きをメインにしたいと思います。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-12-03 12:53 | Comments(0)  

少しの距離

 アパートから近い吉野家は二軒あって、一軒は南のインター通り、一軒は東の街中。その日の他の用事によってどちらに行くか決まるのだが、少なくとも駒形通りに吉野家が無くて良かった。

 え、そこにあったら一番便利だろうって!?

 んな訳無いじゃん。猫好きの人、朝の通勤路に「触らせてくれる可愛い猫」がいつもいたら嬉しいですか?遅刻しちゃうでしょ。そういうこと。

 何が「そういうこと」だよ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-12-03 10:23 | Comments(0)  

アンダープレッシャー

 たま~に少しばかり辛口な(つもりの)社会批判だか世相批判だかを書いて(書いたつもりになって)まるで自分(オラね)が世捨て人になったみたいに諦観したり、あるいは逆に自己嫌悪に陥ったりするのだが、世の中には批判の対象どころかまさに存在そのものが汚らわしく、少なくとも人間には精神性があると信じている純情なもの(ま、これはオラとは言わないが)にとって批判どころか直視することさえ難しい組織や個人があるよな。

 集めた税金を盗みとるためだけに作られた誰のためにもならない調査会社、天下り政治家に居場所と金を提供するために庶民を食い物にするインチキ協会。そこで既得権益を守ろうと騙しや脅しに精を出す末端構成員。

 子供っぽかろうが笑われようが敢えて書く。金と権力の奴隷になったあなた達にはきっと死ぬまでわからないだろうよ。全国を旅して音楽を届け続けた老ドラマー。路上に立つ金髪の青年。街のドーナツ屋。ラーメン屋。看護師さん。保育士さん。みんながどんな気持ちで生きているか。

 例えば法律を楯にいくらでも圧力をかけるがいい。たった一度の人生を何に捧げたのか、あなた達もいつか気付く日が来る。その時その濁った目に何が映るのかな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-12-03 10:14 | Comments(0)  

原風景Ⅲ

 釜石から酒のつまみが大量に送られて来て・・・。

 やみつきさんま、たらこ煮、あわび、ほや、そしてつぶ。つぶってのはね、こっち(静岡)でいうしったかかな?昔焼津の大崩海岸辺りで獲って(採って?拾って?)塩ゆでして食べたけど若干種類が違うような気がした。

 これが美味いんだよね。潮の味がするの。ソウルフード的な?ちょっと殻から出すのがめんどくさいが。岸壁で。テトラポットで。探したんだ。岩場にいるんだよ。巻貝は岩場。二枚貝は砂浜。ただ歩き回るだけで食べ物が手に入る不思議。

 いつか熱海で売ってたのを買って食べたけどめちゃくちゃ高かった。釜石じゃただなのに。え、昔はハマグリも!?マロウドっていう呼び名で海水浴場にいくらでもいた。足元を泳ぐ魚が見えるような海だった。

 今夜はまた安倍川の河川敷で飲もうかな。こんくらいの寒さ、なんてことない。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-12-02 18:27 | Comments(0)  

原風景Ⅱ

 「やけにヒューヒューうるせえなぁ」と思っていたらなんとそれは木枯らしだったのだ。

 何が「なんと」かというと、通常木枯らしはすぐに「ああ、木枯らしだなぁ」とわかるはずなのに、あまりに暖かく空気が生温いためにその「冬の入口に吹き始め木々を鳴らす強い風」をオラの感性が木枯らしだと認識しなかったのである。

 う~ん、恐るべし静岡。というかやっぱりオラは東北人だったんだな。

 海から直接立ち上がったような三陸の海岸に吹く冷たい風が懐かしい。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-12-02 10:02 | Comments(0)  

アメリカンピッカーズ

 見れば見るほど、聞けば聞くほど「アメリカン人ってバカだな~」と思う。

 でも、あんたら最高だよ。屁理屈なんざくそくらえ。大嫌いだけど、大好きだ。

 ねぇみんな、子供の頃大切にしていたおもちゃが新品で目の前に現れたらいくらで買う?値段なんか付けられないよな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-12-01 21:33 | Comments(0)  

あたりさわりなく

 身体が疲れ、心が荒んでいるため、嫌味なことしか思い浮かばないのであえてそういうことは避けて書くように・・・え、それでアレ!?

 え~と、毒のない話題、毒のない話題、そうだ!朝昼牛丼二連発。いや、オラはこれから牛丼ではなく吉牛と書こう!!



[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-12-01 13:29 | Comments(0)  

好きにさせろ以前

よくさ「故郷自慢対決!」みたいな番組で「○○の味はうちの県が一番だ~」なんてやってるでしょ?

 アレ、比較的珍しい素材や調理法の比較なら「まあまあどちらもそれぞれ郷土の味ですから・・・」で笑って済むけど、カニとか牡蠣とかメジャーな食材になると「いやいや地元びいきとか慣れとか関係なく明らかに一方的に優劣がついてるでしょ!?」っていうのがあるよね。

 福井の越前ガニと稚内の毛ガニとか。

 西野カナとキャロル・キングを比べないだろ。

 松島の牡蠣と厚岸の牡蠣とか。

 いきものがかりとビートルズは比べないでしょ。

 え、どっちがどっち!?それは読者のみなさんが・・・卑怯だぞ。


 

 

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-12-01 11:26 | Comments(4)  

好きにさせろⅡ

 ちなみに焼き鳥は皮とぼんじりが好きです。もちろんネギマもレバーも好きだけど。あと、ハツも軟骨も砂肝もいいね。たれもしおも好きです。

 なんでもいいんじゃん。最初の一行、無意味だな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-11-30 10:39 | Comments(0)  

好きにさせろ

 よく無神経なコマーシャルが批判されて放送中止に追い込まれたりしてるでしょ?思うんだけどさ、何でも勝手にやらせればいいじゃんね。表現は自由なんだから。で、つまんなくて気分が悪いコマーシャルを流している会社の製品なんか買わなきゃいいし、それがお店なら行かなきゃいい。それだけのことだよ。

 あと、寿司の食い方とかラーメン屋のマナーなんかが論争になったりもするけど、これもどうだっていい。やりたいようにやれって。好きなように食えば。作った職人さんの気持ちなんかどうだっていいという人間もいれば、敬意を払って美味しく食べたいという人間もいる。そういう人同士が一緒に行かなきゃいい。オラ、気の合わない人間と一緒にものを食いたくないし。

 最近は焼き鳥を串から外して食べるかどうかが論争になっている。オラは絶対に外さないけど、外したい人は外せば。さすがに「そんなヤツとは一緒に食えない」とまでは言わないから。

 え、「みんなで頼んだ焼き鳥盛り合わせが来たとたんに誰にも聞かずに全部串から外す女」!?殴れ、そんなヤツ。

 おい、お前(オラね)なんで「女」って決め付けた。いや~、すまぬすまぬ。
 

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-11-30 10:28 | Comments(0)  

メイン

 ふりかけと言えば静岡が誇る清水のニチフリだが、中でも一番美味しいあじよせのパッケージに書いてある「おにぎりに、チャーハンに、お好み焼きに」だけは本気で納得いかないよなぁ。「温かいご飯に」はどうしたんだよ!?
[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-11-29 23:07 | Comments(0)  

調理人としてのオラは

 出来得る限りの工夫と試行錯誤をし、材料は吟味し、時間は計るが、量は量らない。これはどちらかというと古風なタイプである。

 しかし、うま味調味料に対する精神的アレルギーはない。何故なら自分が貧乏なので少しでも安くて美味しい方がいいからだ。

 すべてに最高の素材と技術を惜しみ無く使った職人さんの仕事は尊敬するが、心の何処かで「お客さんからどんな値段をとっても構わないなら自分(オラね)にも出来る」と思っている。もちろん勘違いだろうけど。

 漬物に関してだけはかなりマイスターだと自負している。これはまったくの偶然というか僥倖(僥倖って偶然の幸運だろ)だと思うが、オラの身体に住み着いている微生物はどうやら野菜を美味しくする力の強い連中だからだ。

 ラッキーのみの人生よ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-11-29 10:10 | Comments(0)  

で、どちらが好きなの?

 蟹と海老に関してどちらが好きか迷ったことは生まれてから一度もないが、烏賊と蛸については時々ぶれる。

 う~む、この四種類は漢字で書くよりカタカナかひらがなで書いた方が美味そうだな。君(オラね)は自分で提示した問題の本質を見失うことがよくあるね。そういう芸風(?)なんです。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-11-28 11:44 | Comments(0)  

様々な評価

 亡くなったカストロ議長という方について雑誌や新聞で読んだ断片的な知識しかないので何の評論も出来ないが(世の中の多くの人や事象がそうだと思うんだけどちょっと聞いたり読んだりした程度の知識で口で批判するだけじゃなく弾劾や反対運動に身を投じてしまう人って勇気あるよなぁ。ある意味ギャンブラー?)、少なくともキューバからアメリカに亡命した人の数が200万人(逆はほぼ皆無といって差し支えない数)という時点で「そんなに立派な人だったかどうか」は疑問だよね。

 中国の偉い人の弔電には不謹慎ながら笑ってしまった。「世界の社会主義の発展のために不朽の歴史的功績」って、ぎゃはははは「自分の国の人々の幸せのため」じゃなくて「社会主義の発展のため」ね!そこまではっきり言っていただくといっそ爽やかだな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-11-28 11:28 | Comments(0)  

華Ⅱ

 つ、つ、疲れたよ~。年に二回しかライブをやらず、年に二回しか練習をしないショットガンブルースバンドはいろんな人に褒められてそれなりに嬉しかったのだ。

 しかし、何はともあれもう寝る。詳細は明日書かない。え、書かないの!?うん。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2016-11-28 00:53 | Comments(0)